ブログ

最新情報

「たかじんのそこまで言って委員会」10日の平均視聴率が17.8%を記録

10日に放送された読売テレビの番組「たかじんのそこまで言って委員会」の視聴率が17・8%を記録していたことがわかった。
長年司会を務めてきた司会のやしきたかじんさんは今年1月に他界しているが、その後も人気は衰えず、前4週の平均視聴率は13.7%と好調。
さらに10日は台風11号が関西を通過していた影響で、視聴者の在宅率が高かったせいか、同時間帯では全局トップの数字をたたき出した。
ちなみに10日の同番組の放送内容は、朝日新聞の従軍慰安婦強制連行に関する証言の虚偽認定問題についての討論。
パネラーの宮崎哲弥氏と竹田恒泰氏らが同問題に関してトークを繰り広げたほか、長崎県の同級生殺害事件やSTAP細胞問題などについて取り上げたという。
ちなみに、読売テレビによると、同番組の最高視聴率は2006年2月の21.6%。
今回はその記録には及ばなかったものの、昨今のテレビ離れを考えればかなりの高視聴率をマークしたと言えるだろう。
まあ台風で外に出られず、家にひきこもりとなるとやることは限られているので、必然的にテレビの視聴率もアップする。
加えて番組内容が、今一番注目されている従軍慰安婦問題について。
台風の影響も大きかったと思うけれど、スマホやパソコンもある中、視聴率が大幅にアップしたのは、やはり番組内容にも魅力があったからではないかな?と思う。

妻夫木聡とマイコ、2年間の真剣交際

俳優の妻夫木聡と女優のマイコが真剣交際していることがわかった。
二人はドラマの共演で知り合ったということで、交際期間はすでに2年にも及ぶという。
今年は6作品の映画に出演しているほか、連続ドラマの主演も務めるなど、超多忙の生活を送る妻夫木。
そのお相手のマイコは、NHK連続テレビ小説「おひさま」でレギュラー出演を務めた経歴があり、母は日本人、父は米国人のハーフ女優。
二人は普段は互いの自宅で過ごしているが、東京・港区の郷土料理店や目黒区のバーなどでデートを重ねており、関係者によると「もう交際期間も長いので、お互いを信頼し合ってマイペースに大人の付き合いをしています」とのことだ。
二人の出会いは2012年夏に放送されたフジテレビ系木曜ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」。
同ドラマは東野氏の11作品を毎週1話ずつ、主演を代えて放送する作品だったが、二人は第6話の「シャレードがいっぱい」で共演していた。
マイコは同ドラマで真犯人役という重要な役割を熱演。対する妻夫木はヒロインの元恋人というチョイ役だったようだが、二人は収録現場で意気投合し、すぐに交際に発展したという。
妻夫木の熱愛報道は、2008年に破局した柴咲コウ以来で、約6年ぶり。
まあ実際には交際2年になるというから、破局報道から4年後には新恋人ができていたことになる。
それにしても、妻夫木と言えば知る人ぞ知る人気俳優で、週刊誌などのマークも厳しかったのでは?と思うのだけど、よくぞ2年間も交際を隠し続けられたなあと思う。
今回どういうきっかけでバレてしまったのかわからないけれど、2年間も真剣交際を続けているようだし、温かく見守ってあげればいいと思う。

辻仁成、新しい恋は「もう十分」と苦笑い

作家でミュージシャンの辻仁成が、10日に放送されたTBS系バラエティー番組「サンデー・ジャポン」に出演した。
辻は番組内のロケコーナー「壇蜜日和」に出演し、壇蜜と名古屋デートを満喫。
その中で私生活について赤裸々に語る場面もあったという。
現在はパリに拠点を置き、10歳になる長男と二人暮らしをしている辻は「(息子が)大学を卒業するまでは、パリにいないといけないかな」と今後の見通しについて告白。
また、一人で長男を育てていくことについて「めちゃくちゃ不安だし、責任感じるし…」とプレッシャーを感じていることも語った。
さらに壇蜜から新しい恋について尋ねられると「…もう十分でしょ」と苦笑。「さらさらないです」とし、しばらく新しい恋は考えられないようだ。
芸能人が離婚すると、必ず「次の恋愛は?」という質問が出てくるけど、普通なら離婚したばかりで次の恋愛なんて考えられないし、むしろ考えたくもないと思う。
特に子供がいて、自分が引き取ったのならなおさらのこと。まだ保護・養育が必要な子供がいる「親」であれば、自分のことよりも、まず真っ先に子供のことを考えるのが普通だし、当たり前のことだと思う。
というか、10歳の子供も見る可能性があるかもしれない番組で、新しい恋愛について尋ねるのもどうかと思うけど・・・。

タモリが10月からフジの新番組にレギュラー出演

タモリが10月スタートのフジテレビ系新番組にレギュラー出演することがわかった。
今年3月31日に32年間の歴史を閉じた「笑っていいとも!」以来、同局の番組のレギュラー出演は半年ぶり。
先月27日に放送された同局の「27時間テレビ」には生出演したものの、今回の新番組で本格的な復帰を果たすことになる。
関係者によると、週1回ペースの夜の番組で、内容はトークが中心とのこと。
「笑っていいとも!」終了後にタモリが新レギュラーを務めるのは他局を含めても初のことで、大いに注目を集めそうだ。
タモリと言えばお昼の顔・・・というイメージがあるが、もともと深夜帯にもいくつか冠番組を持っていたことがあり、その人気も高かった。
人によっては、タモリは昼の番組より深夜帯の番組の方が味があっておもしろい・・・と評価されているらしい。
深夜帯は視聴者そのものが少ないので安定した視聴率をとるのは難しいと言われているけれど、タモリの深夜帯番組であれば見る・・・という人も多いかもしれない。
それにしても、昼と夜の違いはあるとはいえ、いいとも終了後からわずか半年での復帰。
その間もまるで仕事をしていなかったわけでもなし。週1ペースだから毎日やっているいいとも!よりは体の負担も少ないと思うけど、それでももう少し休んで英気を養ってもよかったのでは?と思う。
もしかしたら、思うように人気番組を生み出せないフジに拝み倒されたのかも?(笑)

岸田健作がmisonoとの過去の交際を認める

元いいとも青年隊で歌手の岸田健作が9日、自身のブログを更新し、歌手でタレントのmisonoと過去に交際していたことを明かした。
今月3日、misonoが自身のブログで岸田と過去に交際していたと公表したことを受け、ブログではまず「お騒がせして大変申し訳ありません」と謝罪。
その上で「かれこれ13年前かな。いきさつもあのまま、お付き合いさせていただいておりました」とmisonoのブログでの発言が真実だったことを認めた。
また、「以前イベントで共演させていただいた時があって、その時もmisonoちゃんからファンの前で過去に健作と付き合ってた事を発表したいんだけど…と相談された事はあったのですが」と、以前にも二人の交際を公表する話があったことを告白。
ただ、そのときは「10年以上前の話とはいえ、応援してくださる方がそれを聞いてショックを受ける人が1人でもいるならそれはやめてほしいと思いやめてもらいました」と当時は公表しなかったことを明かした。
それではなぜ今公表したのかという点については、「ファンの前では何も隠さず伝える」というmisonoのポリシーを尊重した結果とのこと。
「ブログとかでなら公表していいよ」と言った上で、misonoが実際に公表したら「勿論本当の事なので否定もしないし、後日僕からも書くよと伝えました」という約束だったそうだ。
ちなみにmisonoについては「素敵な仲間ではあるのですが、ぶっちゃけ素敵な仲間なのかよくわかんねー時も多々あります」とコメント。
交際中の嫌な思い出もあるようだが、「僕は過去の恋愛に恥じる事もないし、相手にとっては分からないけど僕は過去にお付き合いした方に恥じるような人はいません。…辛い事のが多い恋愛だったとしても素敵な思い出です」としている。
misonoがブログで過去の交際について公表したとき、具体的に「どのくらい昔のことなのか」を明かさなかったのだが、まさか13年も前の話だとは思わなかった。
交際は過去のことで、すでに別れているのになぜ今公表するんだろう・・・とmisonoのブログ記事の内容を知ったときも疑問に思ったが、今回それが13年前のことだと知り、ますます「なぜ今?」という気持ちが強くなった。
ポリシー云々という話なら、13年前に話し合って決着をつけるべきことだと思うし、別にマスコミにすっぱ抜かれたから・・・というわけでもないのに(汗)
misonoの時も思ったけど、今回の岸田健作のブログ記事を見て、やっぱり「話題作りだな」と思ってしまった。

大阪の野外ライブ、台風11号の影響で中止に

9日に大阪府の万博記念公園自然文化園で開催する予定だった野外フリーライブ「MEET THE WORLD BEAT 2014」が、台風11号の影響で中止になったそうだ。
公式HPにて主催者が正式に発表したもので、「台風11号の接近に伴い、今後の荒天が続くことが予想されるため、皆様の安全を考え、イベントを中止とさせていただきます。楽しみにしていただいた皆様には、大変申し訳ございませんが、ご了承いただきますよう、お願い致します」という一文が掲載されている。
MEET THE WORLD BEAT 2014は、毎年14000人もの観客を動員する大規模な野外無料コンサート。
今回は10年ぶりに活動を再開するヒップホップ3人組「KICK THE CAN CREW」も参加する予定となっており、実現すれば復活後初の関西登場となるはずだった。
ライブには他にも、KANA-BOONや木村カエラ、ケツメイシ、コブクロ、Superfly、東京カランコロン、Nao Yoshioka、ハルカトミユキ、福耳スペシャルユニット、Rihwaなど多数のアーティストが出演する予定で、JR大阪駅 大阪ステーションシティでパブリックビューイングが行われる予定だったほか、スペースシャワーTVでもコンサートの様子を生中継することになっていた。
当然、これらイベントもコンサートと合わせて中止することになり、楽しみにしていたファンはさぞかしがっかりしたことだと思う。
ただ、今回の台風11号はかなり勢力が強いということなので、野外コンサートを中止するのはやむを得ないことだろう。
7月、8月は夏休み中ということもあって集客が見込めるので、いろいろな大型イベントを企画しているところも多いけれど、8月は特に台風が発生しやすい時期なのでリスクもある。イベント企画者としては一長一短なんだろうなあと思った。

ソフトBの今宮と元AKBの野中が真剣交際

ソフトバンクの今宮健太内野手が、元AKB48の野中美郷と交際していることがわかった。
二人は2年前に知人の紹介で知り合い、同じ九州出身で同い年という共通点があることから意気投合。
知り合った当初は野中が「恋愛禁止」のAKB48に所属していたため交際に発展しなかったが、4月にグループを卒業してからデートを重ねるようになったという。
まだ交際4ヶ月目ではあるが、結婚を視野に入れた真剣交際のようで、野中は5月末に芸能界を引退後、花嫁修業にいそしんでいるとのことだ。
ただ、今宮は「今オフの結婚はない」と話しているとのことで、具体的な結婚話となると来年以降ではないかと見られている。
「恋愛禁止」のAKBグループを正式に卒業してからの交際なので、フェアプレーと言えるかもしれないけど・・・。
正直、このニュースを読んで、「2年前に知り合って、今年4月から交際・・・?」と首をひねった人の方が多いと思う(笑)
まあ真相はどうあれ、現在は卒業しているのだから、交際していても問題ないわけだし、本当に結婚するのならおめでたい話だなと思う。
それにしてもここ最近、プロ野球選手の熱愛報道が多いような気がする。
たまたま重なっただけなのか何なのかわからないけど、やっぱり夏だから?なのかな。

エド・はるみが接触事故についてブログで謝罪

お笑いタレントのエド・はるみが9日に自身のブログを更新し、前日に起こした交通事故について謝罪した。
ブログには「この度は、わたくしの不注意で接触事故を起こしてしまい、被害者の方には心よりお詫び申し上げます」と謝罪コメントを掲載。
また、被害者に向けて「一日も早いご回復を、お祈りしております」とした。
さらに最後には「今後は、より一層の安全運転を心掛けて参ります。みなさまにもご心配をお掛けいたしまして本当に申し訳ございませんでした」と結び、安全運転することを約束したという。
エドは8日午後5時50分頃、東京都港区麻布十番1丁目の路上にて、バイクと接触。
エドが運転する乗用車が道路沿いの駐車場から左折で出ようとしたところ、右側から来たバイクにぶつかったのだという。
どちらもスピードは出ていなかったというが、バイクを運転していた男性会社員が転倒し、左脚を打撲する軽傷を負ったそうだ。エドにはケガはなかったという。
事故の原因は調査中ということだが、右側から来たバイクに気づかずに車道に出てしまったのだろうか。
まあこう言っては何だけどよくある事故だし、現在のところどちらに非があったのかはわからないのだけど、それでも芸能人は交通事故を起こしたらこうしてブログで謝罪しなければならないんだなあとちょっと同乗。
別に故意に犯罪をおかしたわけではないのだから、謝罪するのは被害者にだけでいいと思うのだけど。

ジブリの鈴木プロデューサーが今後のジブリについて語る

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが7日、NHK総合『あさイチ』に生出演した。
先日、ジブリの制作部門をいったん解体する方針を明かしたことで業界も一時騒然となったが、そのことについて「解体とかジブリがなくなっちゃうって言われてますが、つくり方を変えるんですよ」と報道の内容を否定。
また、宮崎駿監督についても「宮崎駿も(また)つくりたいと…」と、短編制作に意欲的であることを明かしたという。
一部でジブリ解体という報道がなされていることについて、鈴木氏は「僕は本当は休みたい。でも、そんなわけにはいかないんですよね」と笑いながら、あくまでつくり方を変えるだけだと主張。
「ジブリってね気がついたら30年経っているんですけどね。ジブリって、夢の会社を作りたかった。気が向いたら作る、気が向かなけりゃ作らない。それがある程度実現できた会社だったんですよ」とジブリのスタンスを説明した上で、「それをやれてきてうれしかったし、やってきた。ここにいたって、どうしようかっていうのもあるんですけどね。会社ってそんな簡単にね…」と、今後の方針についてはっきり明言することは避けたようだ。
また、宮崎監督については「僕の予想ですけれど、まず短いものはやりますね」ときっぱり。
内容については「三鷹の森ジブリ美術館で短編アニメをつくっているので、そういうものだったらやってみたいと。ただ何をやるか、これが難しい。どうしたら子供たちが喜んでくれるものを、どうつくるべきか、そこですよね」と語ったという。
ジブリ解体についてはファンはもちろん、業界も驚く話題で、ジブリの今後はもちろん、約300人いると言われる社員たちの将来について心配する声も挙がっていたが、鈴木氏によれば「つくりかたを変えるだけ」ということで、スタジオジブリがなくなってしまうというわけではなさそうだ。
ファンにとっては一安心のコメントだったと思うし、何より宮崎駿監督が短編を作りたいと思っていることも大きなニュースだと思う。
ただ、監督はすでに高齢だし、自分では長編はもう作らないと言っているので、やはりジブリの今後の方針が問われることには変わりない。
むしろ監督が存命中にはっきりとした方針を固めておかないと、監督も不安で仕方ないのではないか・・・と思う。

GACKTがブロマガでICONIQとの別れについて語る

歌手のGACKTが、3日に配信したブロマガで、ICONIQとの別れを示唆していたことがわかった。
「大切な思い出。」というタイトルのブロマガでは、「こうやって時間は過ぎていく。大切な人との出会いと別れだってそう」と書き出し、さらに「傍にあった素敵な笑顔も 気がつけば自分の不甲斐なさで 失ってしまうことだってある」とし、ICONIQとの別れは自分に原因があると語っているような部分があった。
具体的には「自分が子供過ぎてつくづくイヤになる瞬間だ。もっと自分に包容力があれば…。もっと自分の心に余裕があれば…。もっと自分の時間をあてがってやれれば…」と、自身の多忙さがすれ違いにつながったと思わせるような発言もあるという。
最後に「本当に感謝してるんだ。こんなボクに今まで着いてきてくれたことに。何度ありがとうと言っても言い切れない」と、ICONIQへの感謝の思いで締めくくっている。
GACKTとICONIQの交際は2012年にスタート。芸能人にはめずらしく、恋人同士であることを否定せず、オープンに付き合っていることで話題になっていた。
それから約2年。GACKTは「自分の力のなさ」と分析しているが、もともと多忙ですれ違いが多かったのが、ここに来てピークを迎えたのかもしれない。
ただ、これまで私生活がほとんど謎に包まれてきたGACKTが自分の交際についてブロマガで語るというのは少々意外だった。
しばらく前に年齢を公開したことでも話題になったけど、そろそろ自分のプライベートについて語ってもいいような気になってきたのかもしれない。

▲Page Top